体験談 30       

  

 今回のご相談内容、

5年前に統合失調症になりました。

当時は、笑いが止まらなかったり、自分の親に正座させ本当に私の親ですか?と

訳のわからないことを言い、精神の病院で2か月入院しました。

統合失調症は本で読んだのですが、霊の憑依と書いてありました。

憑依される私が悪いのですが、憑いていれば浄霊してほしいです。

いつ自分じゃなくなるか不安でいっぱいです。自分ではどうしようもできなくなるので

という内容でした。

確かに霊障のある方は本当に多いのですが、霊障でない方もおられます。

統合失調症や精神病=霊の憑依という事はありません。

 

 

ご祈祷をはじめると

仰向けに倒れ合掌の手を前後に震わせながら高々とその手を上の方へあげる動作を

繰り返します。3代目が「先祖のものか?」と尋ねると震わせていた手をピタリと止め

首を横にふります。そのうち(父方の先祖・神仏)と感じたので、「○○家で昔 

祀られていた神か?」と尋ねると同時に、大きな声を出して泣き激しく合掌の手を

ふり頷きます。

今は神仏に手を合わせる事もなく神棚もない。との事なので、何を祀られていたのか

分からないので「この家の祖父や祖母は知っていますか?」と尋ねると、またピタリと

手を止めます。その他いろいろ言っても手をピタリと止め首をふりますので、そしたら

この○○家の地神か?と言うと合掌の手を前後に激しく振り頷きました。

分かりました。○○家の地神様と手を合わさせてもらいますので、

これから人として普通の日常が送れるようにお願いします。と約束をして終了しました。

 

この他に3代目には(6)という数字が浮かんでおり、もしかしたら6年後

この時点で2010年9月なので2016年頃に3代目の様に お代(おだい)として

この地神様から彼女に何かの形でお知らせがあるかもしれません。

 

今現在は、絶好調の様で仕事にソフトボールに資格の修得にと元気に頑張って

おられ、修行にも興味を持ち神棚を設けられ 写経など頑張っておられます。

home