体験談 29       

  

 今回のご相談者の方は、愛知県から来られた姉妹の様な親子の方です。

特に詳しい内容は聞かずに、ご祈祷させて頂きました。

 

御祈祷の結果、

来られる前から、この娘さんは絶対に霊障だと思い込まれていたので

霊障じゃなかった場合何て伝えようかとヒヤヒヤしましたが、

神仏の障りで気付かせる為に娘さんに、いろいろな形で訴えておられました。

母親の方には、お爺ちゃんに姓を継いでもらえず姓が途絶えてしまった事に不満を抱き

腹立たしく思っている先祖がおられました。

 

この先祖に対しては、キチンと法要や供養はされているのですが、

よほどの思いがあったようで、説得するのにも時間が掛かり少し大変でしたが、

これからも○○家の供養をキチンとして行く事で許し、納得して成仏してもらいました。

神仏の障りに関しては、神棚を綺麗にし、毎朝の日供と108日間ゆで卵を供え、

母と娘の二人で108日間の写経で謝罪する事で、許し鎮まる事を約束しました。

108日間と大変な事ではありますが、たったそれだけの事で普通に友達と遊びに

行ったりできる様になるなら喜んでします。と本当に嬉しそうでした。

 

今回愛知県から、わざわざ神戸にある稲荷神祷へ来られたのは

パニック障害と診断され通院されていた娘さんが、

自分がパニック障害だなんて納得できず、何かがおかしい霊障なんじゃないか

と家族にお祓いを受けたいと言ったのですが全く受け入れてもらえなかったそうです、

ですがどうしても今の現状から抜け出すにはお祓いしかない。という強い思いから、

お祓いをする所を色々調べたそうです。そして、当方のホームページをご覧になって

「ここで見てもらって、それでダメなら二度とお祓いとは言わないから!」

とたった一度のチャンスとしてご家族の方を説得し来てくださったのです。

すべて終わった後に、この事を話して頂いたのですが本当に何とも言えないほど

嬉しかったです。

 

 

home