体験談 28     動画こちら動画を見る   

  

 今回のご相談内容は、

過食症のため通院治療中で、体調が悪く家事もままならない状態。

何よりも大切な家族の為に、家事をこなし笑顔でいたいと心底思っているのに

食事すら作ってあげられない状態が、自分自身悔しくて本当に辛いです。

との内容でした。

 

お越しいただいて、まずリビングにある御神札を見て頂いたところ

「はい見れます。」との事でしたが、手が凄く震えておられました。

(御神札を見て寒気がしたり、震えるのは地縛霊などの他仏や生霊の霊障があります。)

 

ここからは動画にある通りですが、ご自宅の土地に纏わる女性の霊なのですが

3代目に見えた姿は、白っぽい生地に大きな赤い花柄模様の着物姿の女性なのですが、

薬力大明神に「血やな。殺された他仏」とお言葉を頂きました。

赤い花柄模様ではなかったのです。

この亡くなった女性は状況は分かりませんが、殺された時大変飢えておられた様です。

何十年〜百何年間の長い間、成仏出来ずに苦しんで救いを求めていたのです。

飢えて亡くなっている霊が憑依していた為、無性に食べ物を欲し過食症になって

しまっていたのです。

 

今回は土地に纏わる霊による霊障でしたので、この土地に移り住んでから

異変があったのではないですか?と尋ねたところ「4年程前に引越してきたのですが…

あぁ!そう言われれば引越してからです!」と目を丸くされていました。

 

この体験談を読むと、地縛霊に憑依されたせいで過食症など辛い思いをしていたのか。

という様に思いませんか?実際に御相談者の方は、大変辛い思いをされているのですが、ご自分の辛かった思いなど無かったかの様に、この亡くなられた女性の事が

気の毒でならない。と今となっては、もう誰も供養する者もいないであろう女性の事を

思われるという大変に心の澄んだ素敵な方でした。

home