体験談    動画こちら動画を見る  

  

 今回は、仕事上でもトラブルが多く 片側の上半身が特に痛い

以前近くの○○○という所で、お祓いをしてもらった時に生霊が憑いていると

言われお祓いをしてもらったが、かなりきつい生霊なので戻ってきてるのだと思う。

という事で、相談に来られたご夫婦です。

 

生霊というのは、飛ばしている本人も飛ばしている意識はありませんが

四六時中その事やその人の事を何らかの念を生むほど考えていないと生霊という

形にはなりません。

生霊に限らずですが、お祓いをしたにもかかわらず帰ってくるというのも

今までの経験からいうと私達には納得がいかない部分がありました。

 

予約当日、とりあえず霊障が有るのかどうかを祈祷させて頂きました。

祝詞を上げ始めると、奥さんの体が揺れだしました。

ですが、手は合掌し顔は上げたままで 時々 円を描くように揺れます。

稲荷として祀られていた巳さんなのか、何なのかは分からないので

一旦休憩してご本人に確認したところ、代々神棚を祀っていた事は無いが

仕事中に車でヘビをひいた事が2回あるのを、思い出したとの事です。

 

<ヘビを殺すと七代末まで祟る>という言葉がありますが、

これはただ、ヘビが執念深いということではないのです。

死んだ後は稲荷神になる為に修行に入るようです。

生きている間は、神の使いとして その土地を守っています。

 

生霊や何やがタチが悪く除霊浄霊が難しいと聞きますが、

神仏系が一番難しいです。

そう簡単に許してはもらえません。

 

今回の方は、神仏に手を合わせる習慣が全く無いご夫婦ですので

できるだけ、無理の無い様に…と思って

本来なら ゆで卵の方が良いのは分かっていましたが、

毎日108日間、生卵とお水をお供えし 御神札の前で手を合わせ

ることで謝罪させて頂くという事で、頷いてもらえました。

一応108日やり遂げるまで、謝罪が終わったわけでは無いので

やり遂げた後、連絡を頂く事になっております。

というのも、まだ一つ心配な事があって

謝罪はそれで良しとして、それ以上の事を望まれる可能性もありますので

(この事は、ご本人には話しておりません)

その時は、それを納めて本当の終了だと思っております。

 

 

home