私流の神仏に対する作法と日供

 

◎(まず朝起きると、自分が朝食を摂る前に神仏が先ですので)

 顔を洗って歯を磨き、着替えます。(寝巻きのままでは失礼にあたります。)

 ↓

 塩で手と口を清め

 ↓

 (まずは神棚から)

 榊の水を替えます。

 ↓

 水と洗い米をお供えします。

 (この時、お供え物や神具に自分の唾が飛ばない様に

  口を閉じ、喋らない様にしています。)

毎月1日・15日に盛り塩を替え、

また神棚には毎月1日・15日・午の日に

赤飯・酒・スルメ・白餅・厚揚げ・

野菜と果物などをお供えしています。

ご先祖さまには、命日などに生前

好きだった物などをお供えいたします。

※神棚にお供えした物を仏様に

お供えしたり、

またその逆もダメです。

神棚にお供えした洗い米の混ざった

ご飯を仏様にお供えしない様に

気をつけます。

※神仏具を洗うスポンジや米を研ぐ器は

専用の物を使用し、穢れのない清潔な物を

使用します。

 ↓

 ロウソクにお灯をあげます。

 ↓    

 次に仏壇のお花の水を替え 

  仏様とご先祖に仏飯と水とお茶をお供えします。

 (この時も同じく、喋らない様にし急須・仏飯などの

   湯気も吸わない様気をつけます。)

 ↓

 ロウソクと線香をします。

 ↓

 全て整ってから、神さんへ祝詞を奏上し次に、仏さんにお経をあげます。

home